収入面で劣る傾向のあるベンチャー企業

収入面で劣る傾向のあるベンチャー企業

高度成長期の日本では、会社がずるずる拡大し、社員の能力育成が課題となってたため、この人事制度は大きな効果を発揮しました。この制度の長所は、ベンチャー企業就職とは異なり昇進しなくても、能力次第で給料が上がるため、社員の能力向上にモチベーションを与える事ができると並んで、会社としてもスタッフ練習に重視する制度をとる事が出来たという事です。

そのため、大企業では20代後半から給料が上がり、ベンチャー企業就職よりもスタンダードに峻絶水準となります。ベンチャー企業就職は収入面がやはりチョット劣ります。

成果主義を採用してるという企業であったとしても、月収や賞与(ボーナス)の基準となる額の算出には、この職能資格制度に基づく計算式が使われてるところがほとんどです。年と一緒に報酬が上がることの副産物として、若手社員に長く勤務してもらうインセンティブ与える効果も果たしてきました。

戦後日本の大企業は、人事制度の根幹として、「年功制をベースにした職能資格制度」というものを確立してきました。この年功制をベースにする職能資格制度は、今でも色濃く残っていて、大企業では基本的にベンチャー企業就職よりも新卒入社の際は給料が低く、一言ずつ上がっていくという制度が取られてるからデス。

まずはインターンシップでどんな企業なのかチェックしてみて下さい。今の当時の名残で、この人事制度は根強く存続をしています。

人事の専門用語ですけど簡単に説明すると、スタッフは年齢とともに職務遂行能力を向上させ、仕事のポジションや内容とは関係無しに、その職務遂行のレベルによって給与額を決める、というものデス。


ホーム RSS購読 サイトマップ